ホームべージ | ニュース

  • 日本に行くときに準備するもの

  • 1.現金
    お金を両替することは多くのトラブルを引き起こすので、ベトナムのお金やドルを持ち込む代わりに円に両替する必要があります。持てる金額は、経済能力と家族によって異なります。奨学金を取得する場合は、数日間奨学金を取得する必要がありますので、あまりお金を持ち込む必要はありません。あなたが研修生である場合、通常は組合または会社から支払われますので、持参できない場合があります。

    これは難しい最初の障壁かもしれませんが、一般的に、日本に不慣れな場合、最初の不確実性を防ぐために100,000円(約1000米ドル)の範囲を準備する必要があります。

    2.私物
    ***服
    秋服、寒い服、夏服をお持ちください(日本は北ベトナムよりも涼しいので)。コートには、1つの厚いウィンドジャケット、セーター、ジーンズ、厚いナイトウェアを収納できます。

    日本に行って服を買うのは非常に安いので、たくさんの寒いジャケットを持って来ないでください(約1000〜3000円)、日本の服は日本の天気のために特別なデザインがあるため、ベトナムのシャツよりも非常に暖かく、軽く、耐寒性があります。正月休みに着る、学校を始める、学年を終える、仕事に応募するなどのために、2つの黒いスーツ(冬のスーツ、夏のスーツ、黒いスーツに注意を払う)を持参する必要があります。さらに、女性は必要に応じてより多くのドレスとイブニングドレスを着ることができます。
    靴下(靴下):日本側はかなり寒いので、靴を履くか、100円で買えます。

    ***靴
    日本では、人々はしばしば歩いたり、バスに乗ったり、地下鉄に乗ったりするので、女の子は旅行を容易にするために少なくとも1足のスポーツシューズやフラットシューズを持ってこないように注意を払っています。

    ***経口薬
    日本に慣れていない場合、不慣れな食べ物(通常はシーフード)と日本の天気のため、一部の学生はアレルギーを患い、風邪、発熱などの一般的な病気に苦しんでいます。抗アレルギー薬、消化不良、抗熱薬を持参してください。また、インフルエンザ薬、頭痛薬、腹痛、風油など、ベトナムで学生が使用する一般的な薬を初めて使用することをお勧めします。

    ***食べ物
    日本は世界で最も高価な国として知られており、ここの食べ物は決して安くはありません。したがって、日本で食べ物や価格に慣れていない初期段階で耐えられるように、約1〜2 kgの豚肉を準備する必要があります(数個のエビ麺、ドライおよび軽食を追加できます)。乾燥タマネギ、フォーで調理したスパイス(フォー、シナモン、アニスなど)、春巻き(ライスペーパー、耳カビ、マッシュルーム)、酸っぱいスープを除いて、こちら側のスパイスは非常に完全です。持っている場合は、これらのものを持参し、時には他の国の友人のためにベトナム料理を調理する必要があります。臭い、高湿度、急速な損傷に簡単に付着する魚醤油や食品などのアイテムに関しては、次のものを持ち込まないことが最善です:
    まず、他の荷物に影響を及ぼす可能性があります。匂い、匂い、...
    第二に、セキュリティ上の問題のため、通関手続きを入力するときに問題が発生する可能性があります。 (多くの場合、荷物を放棄せざるを得ませんでした)
    日本のスーパーマーケットのこれらのアイテムは、高すぎない価格で販売されています

    **その他のツール
    -ランドセル、バックパック。1つあれば十分です。 100円ショップで購入できるペン、定規、本は非常に安いので、あまり身に着けるべきではありません。しかし、あなたはベトナムから少しを持って来ることができます。例紙を埋めるための黒いペン。

    -箸、家の中の小物、シャンプー、バスオイル…日本に持ってこないように制限し、非常に安い100円で買える。到着の最初の1.2日以内に、すぐに使用するために少しを持って行く必要があります。

    -航空券、パスポートなどの個人的な論文を間違えないように注意してください...辞書については、辞書のみをポケットに入れて、大きな紙の本を制限して、スペースに他のものが含まれるようにしてくださいより便利です。
    -漢字辞書(漢字)、Do Thong Minhの一般的な中国語のアルファベットで十分です。 -英和辞典と日英辞典の種類はこちらで簡単に購入できます。
    -3 x 4および4 x 6枚の写真(さらに運ぶ)日本に行った後、外国人カードとして働き、人々は写真を求めます。日本で写真を撮るのは約700円で、安くはないので、3x4写真、4x6写真など、数年(数十枚)に十分な数の写真を持参してください。必要に応じて、USBカードの画像を保存したり、インターネット上に保存して、日本で何かを印刷する必要があります。