ホームべージ | ニュース

  • ハノイ市の冬の温かい軽食

  • ハノイの冬(11月から2月まで)の美しさを堪能するには、街角を散策したり、歩道にある屋台に座ってホットコーヒーを楽しんだりするだけでなく、独特な冬の食べ物を味わうのがよいと言われています。

    では、今回、冬にいただく「オススメの食べ物」をご紹介したいと思います。

     

    1.茹で田螺(オック・ルオク)
     

    茹で田螺は冬の超人気軽食の一つです。レモングラスと茹で田螺は辛くて酸っぱいナンプラーに付けて食べるのが最高です。人気のあるお店は、Tran Quy Cap駅やThuy Khue町、Luong Dinh Cua町などにあるお店です。茹で田螺以外に、唐辛子炒め田螺やココナッツ炒め田螺、タマリンド炒め田螺、田螺のブン(ブンはベトナムの麺)なども大変おいしいです。値段は田螺の種類によって違い、サイズが大きければ値段も高くなります。ハノイを訪問なさるのでしたら、茹で田螺を召し上がってみてはいかかでしょうか。

    茹で田螺(オック・ルオク)
     

    2.塩辛い揚げ団子(バイン・ラン・マン)
     

    ベトナムには、緑豆の甘いバイン・ラン・マンなど、いろいろな揚げ団子がありますが、今回のオススメは肉の塩辛いバイン・ラン・マンです。米粉と粉末ウコンをミックスしたきれいな色の皮で、木耳(きくらげ)、春雨、茹で豚肉を包んで揚げたバイン・ラン・マンはとろみのある甘くて酸っぱいソースに付けて食べるとすごくおいしいですよ!お客様が大変多くて長い行列ができるほど人気がある242 Lac Long Quan通りにあるお店で食べると1個8,000ドン(38円)です。そのほか、Ly Quoc Su町やHang Chieu町の旧市街なら1個7,000ドン(33円)でいただくことができます。


    塩辛い揚げ団子(バイン・ラン・マン)
     

    3.温か練り餅(バイン・デゥック・ノン)
     

    冬になると、日本のお雑煮のような温かいバイン・デゥック・ノンという食べ物を思い浮かべます。単にお餅だけでなく、豚の赤身のひき肉、刻んだエシャロット(タマネギの一種)、木耳(きくらげ)を炒めたもの、揚げた豆腐、うずらの卵などの様々な具材が入っていて、とろとろスープを注いで食べます。有名なお店は、Le Ngoc Han路地にいくつもあります。お値段は1人前15,000∼20,000ドン(72円95円)です。


    温か練り餅(バイン・デゥック・ノン)
     

    4.温かいぜんざい(チェー・ノン)
     

    チェーは日本のぜんざいに似ているスイーツで、ノンは温かいという意味です。寒い街角をゆっくり散策している時、ちょっとお店に立ち寄ってチェー・ノンをのんびり味わう。リラックスできるひとときです。チェー・ノンは路上の屋台や市場の食堂街などでも売られています。有名で人気のあるお店としては、タピオカのチェー(39 Ly Quoc Su通り), バナナのチェー、(35B Nguyen Binh Khiem通り), タロイモのチェー (31 Dao Duy Tu通り)などがあります。お値段は1杯10,000∼20,000ドン(48円∼95円)です。



    温かいぜんざい(チェー・ノン)
     

    ハノイをはじめ、ベトナムにお越しの際は、これらのスイーツをお試しになるのはいかがでしょうか。

     

    技能実習生派遣事業に関する相談があったら、ご気軽にお問い合わせください。