• 日本で犯罪すること

  • 日本で犯罪と見做(みな)される行為

    1. 日本で順番待ちの列に割り込む行為

    日本で、順番待ちのために並ぶとき、他の人の前に割り込むと法律に従って処罰されます。
    軽犯罪法第1条第13号において割り込む行為をすると、状況に基づいて、犯罪者は最高100万円の罰金を課せられる場合があります。そして24時間拘留されます。

    2. タクシーの中に嘔吐(おうと)(吐く)すること
    タクシーの車内で嘔吐(おうと)した場合は、飲酒(いんしゅ)の如何(いかん)(あるかないか)によって、日本の民法に従(したが)って罰金が課(か)されます。
    運転者に謝罪(しゃざい)する(謝ること)と共にが、課された罰金を支払い、車内の掃除料金も支払(しはら)わなければならない。

    3. 公共のところで喧嘩(けんか)する。

    どんな理由があっても、公衆の面前で喧嘩などをすることは、法律違反することです。これは重大な犯罪(はんざい)です。6ヶ月以上2年のに刑期が課されます。

    4. 相手の人にお酒を無理強いして飲ませる。
    日本において酩酊状態による騒擾罪の防止について、刑法第2号に基づき、相手の人にお酒を強制的に飲ませることは公安条例に違反します。48時間拘留され及び1万円の罰金を課されます。他には、この行為は、後で刑事訴追されることもあります。

    5. 公園で痰を吐く
    日本で、公園とか駅で痰を吐いて、誰かに見られた。その行為をした者は千円から1万円の罰金を課されます。及びブラックリストに名前が記入され及び観察もされます。